テクノロジーだよ人間だよ

インターネットやスタートアップやテクノロジーなど

5年後に流行るSNSは?

日曜 朝 8:00投稿が頭をよぎりつつも、朝の4:00まで飲んでたカヤバです。

すみません。

 

#一番美しい風景

 

TikTokでよく見かけるハッシュタグ

 

t.tiktok.com

t.tiktok.com

t.tiktok.com

 

t.tiktok.com

 

こんな感じの、ものすごく綺麗な景色と音楽が重なり合う素晴らしい動画をTikTokで結構見かける。

めちゃくちゃ広大な大自然を、数センチしかないスマホで見ないといけないのはやはりすごく勿体無い。

とはいえ、見づらいなとか不満は一切ない。すでに100点満点。

 

だけど、これらのコンテンツをARメガネやVRメガネで視界一面で体験することを想像したら、一度でも体験したらもう戻れなくなるくらいリッチすぎる体験になることが容易に想像できる。

(もちろん、コンテンツの内容次第ではスマホ動画でも十分なものもある)

 

スマートグラスによる視聴は視聴者にとって満足度が何倍にも上がりそうだが、

投稿する側にとっても変化がある。

 

若者文化の最前線:DJ社長が率いる『レペゼン地球』の正体 - ⛄toricago🌈

この記事からの抜粋 

実はライブ開始前には撮影禁止とアナウンスされていたのだが、ギリギリに到着したので、それに途中まで気づけずに、最初はスマホを取り出してしまっていた。そして最初の曲の途中で、TikTokのために15秒を撮影しようと必死にかっこいい動画を撮影。後日、レペゼンの曲を聞くだけでライブ中の感動が蘇ってくるんだけど、この最初の曲だけは蘇ってこない。なぜかと言うと、知らず知らずのうちに意識がスマホに行ってしまっているからである。これはすごい貴重な気づきで、我々はソーシャルのためにあらゆる体験を写真や動画を収めようとしている。しかしそれによって感動が失われていることには無頓着である。 

 一番良い瞬間にこそ、みんなスマホを取り出して撮影する。

お店からサプライズで友達の誕生日ケーキが出てきた時に、

5人くらいがみんなスマホで撮影している経験はよくあると思う。

 トレードオフの関係にある。

 

今後アップルのスマートグラスが普及して、スマホを手に持って瞬間を捉えることから解放されたら、次は何が起こるのか?

最初は、InstagramTikTokが視野角いっぱいの動画を取り入れる。

VR/AR時代のスタートアップも参戦する。

人々は、XR(VR+AR)メガネで、人間の視野角いっぱいの動画を撮影して、それを見る体験に徐々に慣れていく。

最初に書いた、TikTokに出てくるような感動的な風景をまるでそこにいるかのように味わえるようになる。

別に絶景に限ったことでもない。スポーツの動画、文化祭の動画、レストランの動画、いろんな動画が溢れかえってくる。

絶景動画ほどの感動はないかもしれないが、こうゆうおもしろ動画でも対応していく。

t.tiktok.com

 

これが当たり前になった後はどうなるか。

 

視野角いっぱいの動画を非同期に消費する体験から、

同期(リアルタイム)に消費する体験に特化するスタートアップが出てくる。

 

ニューヨークに一人旅した人がいたとしよう。

以下のような動画をスマホでとり、Instagramのストーリーに投稿するのが今だ。

t.tiktok.com

ニューヨークを1時間歩き回っている最中、ずーっとスマホで動画を撮ってる人はいないだろう。手にスマホを持って、景色を写しながら歩くというのは、目で見て体験することとトレードオフにあるからだ。なによりめんどくさい。(そもそも1時間の動画なんて撮る価値もない。投稿先は誰も見ないIGTVくらいだろう。NYの風景なんてコンテンツにそんな変化ないから、雰囲気が伝わる10秒だけ切り取れればいい。)

 

スマホがメガネになったら、「撮影」することのハードルが著しく下がる。

ニューヨークを歩き回りながら、動画撮影を常にONに選択すれば、

今までとなんら変わらず、自分は歩き回るだけで、自分の視界を勝手に動画におさめてくれてる。それをフォロワーにリアルタイム公開する。

そこに、SNS上の友達がXRメガネをかけた状態でログインしてくる。

友達はアプリ上で、「ジェームズくんの世界に入る」ってボタンを押した瞬間に、視界がジェームズくんの視界に入れ替わる。

友達がコメントをしていく。

「おいジェームズ、そこの店入ってみろよ!」

「おいジェームズ、そのTシャツお土産に買って来てくれww」

「おいジェームズ、右にいる女の子日本人っぽくないか?話しかけてみてww」

ジェームズくんの視界には友達からのコメントがニコ生のように流れていくことになる。

 

 

デスクトップPC時代のニコ生やUSTREAM

スマホ時代になって、確かに物理的には、誰でも、いつでもどこでもライブ動画を中継できるようになった。ツイキャス、インスタライブ、LINE LIVESHOWROOMと色々出て来た。

それでも、どれもSNSの王者とは言い難くまだパッとしないのは、まだスマホの制約を受けているからだ。

今はアイドルやアーティストがファンと繋がるための手段として使うのがLINE LIVESHOWROOMだ。

この前の記事でも触れたが、Youtubeのような「メディア」ではなく、「SNS」の世界で王者になるには、一般人も投稿するプラットフォームにならないといけない。

kayabaakihiko.hatenablog.com

一般人がインスタライブをやる頻度はそう高くない。

一般人目線ではライブ配信はまだ王道ではない。

どこかお出かけした時にずっとライブ中継するのは上述の通りハードルが高い。

XRでハードの制約が取っ払われる。 

 

PC時代:

後日旅行から帰ってきたらまとめて写真をFacebookに投稿

スマホ時代:

旅行中に写真をとり、その場でInstagramやSnapchatに投稿。反応もわりとすぐ返ってくる。「リアルタイム」的な体験(Wifi問題がある時は帰国してから)

XRメガネ時代:

旅行中に本当にリアルタイムでライブ配信する。

視聴者のコメントorボイスチャット次第で旅行者のその場の行動も変わるので超インタラクティブ体験

スマホ時代もライブ配信アプリは存在していたが、一部のインフルエンサーやアーティストが投稿することにとどまっていた。

 

そういえば『人生の勝算』で前田祐二さんがこんなことを言っていた。

SHOWROOMを、日本初世界一の事業・サービスに仕立て上げ、Googleを超えたいと思っています。

え?どゆことぉぉぉ!!と、SHOWROOMヘビーユーザーの自分でも正直違和感を感じた。

それは、ライブ配信=アイドルが画面の前でおしゃべりしてるアプリ

というイメージがあまりにも強いからだ。今はね...!

 

前田さんが描いてる未来はわからない。

VRプラットフォームのClusterのような有名人やVtuberライブ配信する空間を考えているのかもしれないし、今回の記事のような、一般人も進んでライブ配信をする、SNSの延長の世界を考えているのかもしれない。多分後者だろう。

 

ライブ配信Googleに勝つには、これしかないと思う。

 

アップルがARメガネを出すのが2020年。遅延も加味して、普及するのが2025年頃だとしたら、その頃には余裕で5Gも普及している。

ブロックチェーンP2P技術で、もしかしたらサーバーすらいらない世界により、膨大な動画通信量によるサーバーコストもかからなくなるかもしれない(ここの領域は超無知なので超テキトーですw)

 

なんにんせよ、ハードウェアが普及するまでは何を言っても妄想で終わってしまう。

アップルはよ!

 

とまあここまで書いてきたが、2年前も同じようなこと書いてたわw
kayabaakihiko.hatenablog.com

 

ほんじゃあまた来週日曜日!

 

ツイッターもよろしくね🐳

🌾カヤバアキヒコ🌾@毎週日曜8時ブログ配信 (@oculusboy) | Twitter

 

インスタの寿命が伸びた話

ブログの週1配信を決めました!

日曜朝8時配信と宣言しておきながら、しょっぱなから遅刻です( ^ω^ )

 

昨日?からインスタのストーリーに新機能が追加された。

これはただの、頻繁にあるインスタの1機能追加に見えて、実は

 

Instagramの存亡に関わるレベルで!めちゃくちゃ重要

 

だったりするのではないか?

 

以下の写真のように、あらかじめ親しい人リストに誰を入れるかを選んでおき、

ストーリーに動画を載せる時には、全員に公開するか、この親しい人リストに共有するかを選べるという機能だ。

 

f:id:kayaba_akihiko:20181202160853p:plain

 

なぜこれがそんなに重要なのかと言うと、

 

アメリカの若者がFacebookからSnapchatに逃げた理由

以下わざわざ解説するまでもないくらい自明だが、

フェースブックは親友、友達、恋人、家族、知り合い、上司、先生など、ソーシャルグラフ上の全員をなんの躊躇もなく一つのタイムラインにぶち込んだ、非常に雑で強引なSNSだ。そんな空間に、昨夜のパーティーではめを外しているセルフィー動画など載せられるはずがないだろう。

その結果、Facebookの日本人の間での使われ方は、

【近況報告】私事で恐縮ですが、このたび結婚することになりました。

【近況報告】私事で恐縮ですが、このたび米国留学をすることになりました。

【近況報告】私事で恐縮ですが、このたび3年間お世話になった会社を辞め、

【近況報告】私事で恐縮ですが、先日痴漢で捕まり、刑務所の方でお世話になることになりました。変わらず楽しい日々を送っております。

 

という、1年に1回浮上するかしないかという謎なオフィシャル近況報告な場になった。

これもギリギリミレニアル世代までで、Z世代はそもそもフェースブックを入れてない。

僕はミレニアル世代なのでFacebookはまだ入れている。SNSとして使っているのではなく、情報サイトとして使っている。上の世代はまだFacebookを多用するので、IT/スタートアップ界隈の著名人をたくさんフォローして、タイムラインで情報収集をする。

Smartnewsを開く感覚でFacebookを開く。

 

Facebookが普及するとともに、若者がワクワクする隠れ場のような空間から、オフィシャルな謎空間に進化(退化)していってる間に、iPhone普及の波を見事にとらえたのがSnapchatだ。アメリカのティーネージャーは、素を出せるこっちのアプリに逃げていった。

 

日本ではSnapchatがマス普及する前に、Snapchat機能をパクったインスタが普及してしまったので、

アメリカでのFacebook→Snapchatの流れは、日本でのFacebookInstagramと置き換えられる。

Facebook→Snapchatの流れは非常に奥が深く、ただ親や会社の人が入ってきて居心地が悪くなったという理由だけで片付けれらるようなシフトではない。

ぼくのバイブル本である以下の本に全てが記されているが、残念ながら日本語訳されることはないだろう。上述のようにSnapchatは日本にくる前にインスタにパクられアジア進出の機会を絶たれたので、日本のビジネスマンにとってこの本の需要は薄い。だが、SNSに興味がある人にとっては超必読本だ。脱線してしまった。

https://www.amazon.co.jp/Turn-Down-Billion-Dollars-International/dp/1250108616

é¢é£ç»å

 

親しくない人とも繋がっていくInstagram

TikTokの台頭はあれど、今でも一番強いSNSInstagramだろうし、女子高生、女子大生、みんなが毎日使うSNSだ。

それでもここ数年は微かに違和感を覚える。

ストーリーで流れてくるコンテンツがつまらなく、基本無表情で消費するコンテンツだってのは個人的に思っている文句だが、

それとは別で、インスタグラムもFacebookがたどったようなソーシャルグラフごちゃ混ぜのSNSになってきている。

プライベートネットワークではなく、完全にソーシャルネットワーク

 

ここ5年でInstagramはどんどんソーシャル化していった。

リアルで繋がった人と、オンラインで繋がるときはとりあえずインスタで繋がる。

初めて会った人とはラインではなくインスタを交換するケースも全然多い。

フォロワーが500人とかいる中で、もはや外行き用の自分しか見せれない場にどんどんなっている。

 

これは極端な例だが、知り合いの女子高生は、

クラスの友達には内緒で付き合ってる彼氏と遊びに行ったら、

その事実を知ってる数人としか繋がっていないSnapchatのグループに写真・動画を載せたりする。

 

Snapchatが勝てるとしたら、Instagramがどんどんオフィシャルになっていっていく間に、創業以来フォーカスしてきたアンチフェースブック路線、すなわち「プライベートネットワーク」にひたすらに集中すること。だよなあと思っていた。

 

と言っても、今までのインスタでも、投稿を全員に見せざるをえなかったかというとそうでもない。

自分のストーリーを見せたくない人がいる場合、その人のプロフィールページに飛んで、設定から「ストーリーズを非表示にする」を選ぶことで、対応はできた。

f:id:kayaba_akihiko:20181202154604p:plain

自分も数人にはこの設定を施しているw

だが、そんな人にも、別に見せてもいい投稿であるときもあれば、これはここまでの関係の人にしか見せたくないなってのがある。一切見せたくないってケースはレアだと思う。なので一種の完全ブロックに等しいこの機能は万能ではなかった。

 

また、特定の人、一人にだけ送ることもできた。

 

f:id:kayaba_akihiko:20181202155603p:plain

 

f:id:kayaba_akihiko:20181202160213p:plain

送信先を押して、誰か一人を選ぶ。

これはSnapchatに酷似した機能で、よく使う。

写真or動画を受け取った相手は、一回しか見れない。

ストーリーは基本的には24時間以内であれば何回でも見れるので、使い方がまた少し違う。Snapchatにより近しい。

これも良い機能だが、たまに使う機能にすぎず、万能ではない。

基本的にはインスタは全員に向けてストーリー投稿する使い方が普通だ。

 

Z世代ともなれば、上述のようにSnapchatと使い分けたり、インスタで複数個アカウントを作ったりして対処している。

 

そんな中で、冒頭で記載した、今回の親しい人リスト機能の追加はインスタユーザーにとっては救世主的存在だ。

あらかじめ作った親しい人リストにだけ、動画を公開できる。

InstagramFacebookがたどった失敗を繰り返さずにすむ。

僕もこれを機に、ストーリー非表示設定にしていた知り合いの設定を元に戻そうと思う。

 

個人的にはつまらないインスタははやくDisruptされて欲しいと思っているので、

TikTokを応援している。

kayabaakihiko.hatenablog.com

 

また、TikTokの最新動向をおっさんがまとめている記事はこちら。

 

toricago.hatenablog.com

 

ほんじゃあまた来週日曜!

"思い出アプリ"TikTokはInstagramを超えられる?

「アガる思い出作っとく?」

 

今年2018年の夏頃、

渋谷にでかでかとTikTokの広告が登場して興奮したことが記憶に新しい。

https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2018/10/02/IMG_20180813_125443433-w960.jpg

 

アプリの謳い文句というのは難しい。

 

なんと呼ぶかによって、訴求力、広まり方にも影響してくる。

 

「アガる思い出つくっとく?みんなのエンタメアプリ」

 

他にもいろんな呼び方ができたはずだ。

 

リッピシンクアプリ

 

ダンス動画アプリ

 

短編動画アプリ

 

それでも、

 

アガる思い出つくっとく?エンタメアプリTikTok

 

と言うような文言を選んだのは彼らの展望が垣間見られる。

 

思い出を作る。

 

ただ見るだけじゃなくて、投稿するアプリだということだ。

 

YoutubeVineのように、

 

一部のインフルエンサーだけがおもしろ動画をあげる媒体ではない。

 

友達といるときにスマホで「動画」を撮るってなったら、

当たり前に開くのがTikTokになったら勝ちなのだ。

Snapchatはできたてのころ、スマートフォンで、どのカメラアプリよりも早くて写真が取れるアプリになることを目指した。

スマホで写真をとるってなったらスナチャを開いてもらうように仕向けた。

TikTokも、若者が動画を撮る時に、iPhoneのプリインのカメラアプリでもなく、インスタでもなく、スナチャでもなく、TikTokを開いてほしいのだ。

 

どの動画アプリよりも面白くて、盛れて、楽しい動画が撮れれば、そうなっていく。

 

実際TikTokは友達に動画撮ろうよって勧めやすい。

TikTok普通に楽しいよ、面白い動画撮れるんよって提案して、

曲を選んで、ポーズを一緒に練習して、撮ってみる。

一緒に撮るとこまでが遊びになる。

僕も友達と撮ったTikTok動画や、友達単独を映したTikTok動画がたくさんスマホに入っている。

 

今はインスタやってる?フォローさせてー!だが、

Tiktokやってる?フォローさせて!に変わる可能性がある。

そうなっても全然おかしくない。

 

この動画ソーシャルの流れは思ったより早くきている。

 

【直撃】世界5億人を虜にする「TikTok」のテクノロジー

 

 この記事で、

 もちろん「見るだけ」という使い方も可能なのですが、日本ではアプリをダウンロードした人の66%が動画を投稿しています

とある。

 

自分も定期的に大学生にTikTokについてヒアリングしているが、

「友達の投稿を見るために入れてる」

という子は多い。

有名なTikTokerを見るためじゃなくて、友達の投稿を見るために入れてるんだ。

 

ちなみに今年の一月にGumiの國光さんが以下のようなコメントをしていた。

断言して良いけどTik Tokmusical.lyがインスタを超える可能性はゼロ。閲覧者/投稿者の率が高ければ高いほどバイラルでスティッキーになる。インスタが圧倒的に高い 

これは半分合っていて、半分間違っている。

閲覧者・投稿者の率が高いほどバイラルになる。ここまではその通り。

國光さんが見誤っていたのは、TikTokのコンテンツを、初期のリップシンク動画に限定していた点。ただのリップシンクアプリにとどまっていたら、投稿率は限定され、確かにTikTokがインスタを超えることは難しい。

正直僕も1月時点では、musical.lyのリップシンク動画の印象が強すぎて、同じように思った。

 

今となってはInstagramを超える可能性はゼロどころか、超える確率の方が高いんじゃないか。

何をもって「超える」と定義するかにもよるが...

 

インスタはもう全く面白いと感じない。

少なくとももう若者のワクワクする隠れ場的なソーシャルな居場所のようには全く見えない。

 

 

インスタのストーリーほど垂れ流しのつまらないコンテンツはない。知り合いが食べたランチほどどうでもいい内容はない。そう分かっていながら、自分もランチをしたらストーリーに乗せてしまう。この意味のないループは早くなくなった方がいい。創業者も離脱したことだし、そろそろインスタは廃れた方がいい。

 

 

と、最後は謎のインスタDisりになってしまったが...

 

夏に下書きに葬り去っていた記事なので、

真新しさが全くなくなってしまったのが悔しいが公開しておきます。

 

そして最近出てきたテレビCM

www.youtube.com

 

藤田ニコルとかではなく、上戸彩を登用してくるあたりに、

またTikTok運営の野望が垣間見られる。

また、後輩にTikTok撮ろうって誘われて逃げるシーンも、

初めてのTikTok撮影との出会いをリアルに表していてとてもよかった。

最初は恥ずかしさや抵抗があるが、気付いたら思い出の動画が出来上がっている。

あれ、悪くないじゃん... みたいな。

TikTokあるあるだろう。

 

TikTokは本当に、思い出の「真ん中」を押さえて、Instagramを超えられるかもしれない...

 

DJ社長 vs 孫正義

平成生まれの人でDJ社長を知らない人はもういないでしょう。

知らない人はこの動画を見てみよう。

 

僕も昔イベントをやっていた時期があり、当時博多でイベンターとして名乗りをあげていた彼の名前は関東にまで知れ渡っていた。

イベント界隈の人だと思っていたら、いつのまにかツイッターで人気な人になっていて、いつのまにかyoutube始めていた。

そしてレペゼンの人気を一気に加速させた上記動画によって、

 

ただの面白い人から、めっちゃ凄い人になった。

 

大きいことをしようとする魂胆・志、語り口調、ポジティブ具合、

何か何まで孫正義そっくりに感じた。

 

おまけに福岡出身という共通点。。。

 

Tiktokとの相性のよさ

今中高生らはTiktokで、レペゼン地球のオリジナル曲であるバスターコール、5454、アゲアゲホイホイなどの曲を使って動画をあげまくっている。単純にこれらの曲を使った動画が流行りまくっているので、中にはレペゼン地球の曲だって知らずに投稿してる人もたくさんいるはずだ。そんくらい、レペゼン地球の作る曲には中毒性があるしセンスがある。彼らの作る曲はTiktokと相性が抜群に良い。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

平成最後の夏を獲りに行く、『1億円ファンド』

今年の夏に、他のyoutuberらが数万〜100万円くらいのプレゼント企画で

地道にファンを獲得しようとしてる中、

いきなり1億円のプレゼント企画を発表した。

AWA BarでDMMの亀山会長と知り合い、軍資金を手に入れたようだ。

孫正義サウジアラビアの皇太子をバックにつけて、石油マネーで10兆円ファンドを作り上げ、世界中のVCを一気に抜き去った時を彷彿とさせた。

時流を見極め、キーパーソンを味方につけて、桁の違う軍資金で、一気に勝負を仕掛ける。

今AIを抑えた者が、次の時代を牛耳ることをわかっている孫正義レバレッジをかけて一気に勝負を仕掛けている。変革の時に、ちんたらちんたらやっていては遅いわけだ。

DJ社長も同じように、平成最後の夏に一気に勝負をかけたという感じ。

「夏を制するものはその年のYoutubeを制する。」

Youtubeのメイン視聴者層は学生なので、夏休みは視聴回数が一年で最も上がる。

そこでチャンネル登録者を囲えた者が、その1年を通じて勝つらしい。

毎日投稿も開始しながら、1億円プレゼント企画に参加するためには、LINEのレペゼンアカウントを友達追加させるようにした。それが今では友達200万人を突破。

LINEではYoutubeをアップするたびに通知し、LINE LIVEも同様に通知。

メンバーのまるが一人で配信するだけで、10分で視聴者が20万人まで伸びる。

アカウントBANされて登録者0人になっても、すぐに130万人まで返り咲く。

 

ルフィーや孫正義らの本当にすごいところは、

自分より強い人らを味方につけていく能力だ。

http://blog-imgs-45.fc2.com/1/1/1/111156/602_reilly.jpg

大きい夢を語って、スポンサーになってもらう。

孫正義は大学生だった時から教授に無償で翻訳機を開発させたり、シャープのお偉いさんを味方につけるなどしていた。今でもARMの社長を口説き落としたり、サウジ皇太子を味方につけたり、トランプを味方につけたりするなど、その能力はピカイチだ。

自分の力だけでは、行けるところに限界があるので、大物をどんどん口説き落としていく。

DJ社長も同じように、亀山会長を味方につけてしまった。

 

東京ドームへの道のり

彼らはあくまでyoutubeは手段として使っている。

僕らはyoutuberじゃないってずっと言い続けている。

お客さんが5人しかいないクラブで、

僕らはドームでライブをやるのが夢なんだ!

って言い続けていたらしいレペゼン地球。

創業期にみかん箱の上に乗って、アルバイト社員数人を前にして、

この会社は将来、売上を1兆、2兆と数えるようになるんだ!とまくしたてたらしい孫正義のようだ。

アーティストと比べるとしたら、ももクロとめちゃくちゃ重なる。

僕は高校生の時、ももクロのヲタクをやっていましたが、タワーレコードで初めて見た彼女らは数十人しかいないファンの前で、私たちは紅白に出ることが夢ですって真剣に言い張っていて、衝撃を受けました。他のどんなアイドルよりも心の底から楽しそうに全力でライブをする。DJ社長の40分の動画での眼差しを見て、昔ももクロを発見した時と同様の衝撃が走りました。ももクロが瞬く間に紅白まで駆け上がっていったように、レペゼンがドームでライブをするなんて100%起こる未来だと思います。しゃべくりやMステや紅白にもすぐ出るでしょう。

夏の終わりに行ったZeppでライブが以下です。X JAPANの再来か?

www.youtube.com

 

上記ライブ動画を見ればわかるが、彼らはyoutuberの枠を飛び抜けている。

DJ活動の方が先にやっていたので当然なのだが。

最近は彼らのyoutube企画動画を見るより、過去のライブ動画をみている方がよっぽど楽しい。

ヒカキンとかを違う意味で余裕で通り越して、

きゃりーぱみゅぱみゅ級にソッコーでなる。

 

噂によると彼は今も睡眠1時間で走り続けているらしい。

体を壊さないように頑張って欲しいです。 

Tiktok運営元のByteDanceつよ

Tiktokはもはや日本の若者で知らない人はほぼいないだろう。

でもその運営元の中国ByteDanceのバリュエーションがまもなくウーバーを抜いて、未上場企業で世界1となることは、みんなあまり知らないかもしれない。

Tik Tok運営の中国企業、企業価値「8兆円」でウーバーを突破か | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

晴れていい波に乗れて、いま世界1アツいスタートアップだ。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTUBSXmd5oaqmI7KVgswAd5rfCz8_j4K9pJelYbhRSBRCbwHQkG

 

Bytedanceはもともとはスマホメディアを運営していた会社だ。

この数年で、世界中の動画アプリを買ってきた。

 

https://hans.vc/wp-content/uploads/2018/06/Bytedance-empire.png

 

中でも衝撃なのがMusical.lyの買収だ。

Musical.lyは、3年くらい前に、今米国のTeenで最も流行っているものとして、InstagramやSnapchatの次という文脈で出てきていたアプリの一つだった。(Housepartyなども同様)。

Musical.lyは短編縦型動画が音楽に合わせて投稿されるアプリ。Vineのような雰囲気だった。投稿しているのはほぼ外人で、僕もおすすめで上がってくるのを見る専であった。

どうせFacebookが買収するか、機能丸ごとパクられるのかなと思っていたら、

いつの間にかよくわからん中国企業に買収された。そして、結構多用していたFlipagramという動画×BGMの動画編集・共有アプリも、いつの間にかよくわからん中国企業に買収されていた。

そして昨年末くらいからYoutubeで広告が出てくるTiktokというアプリ。瞬く間にiPhoneアプリランキングで世界1となり、何者だ。。。!?と思ったら、

正体はMusical.lyを買収したあのよくわからん中国事業だった。

 

ここ5年くらい、全アジアのインターネット企業は、中国の2強のアリババとテンセントが喰らい尽くしてきた。彼らが全てを飲み込んでいく流れには逆らえなかった。

しかしこの新星ByteDanceには、2強の資本がほとんど入っていない。

知り合いの知り合いの中国人いわく、この面において、ByteDanceは期待のホープらしい。

 

シリコンバレーのテックカンパニーら1強時代は終わりつつある。

既存の中国2強に加えて、このような中国新星企業が出てきた。

USのイケイケなソーシャルカンパニーを丸ごと買っちゃう力がある。

そして、ソフトバンクビジョンファンドのような革命勢力らが、勢力地図を塗り替えていってる。

多くの人がTiktok痛すぎ・・・って思ってる間に、世界1のユニコーンになっちゃった。

 

この会社は、謎が多いのもまた魅力的だ...w

最近でこそTiktok自体に対する分析記事は増えてきたものの、

運営元のByteDanceや、CEO (なんとまだ35歳...)の経歴などに関する記事は調べてもそんなに多くは出てこない。

https://thumbor.forbes.com/thumbor/1280x868/https%3A%2F%2Fspecials-images.forbesimg.com%2Fdam%2Fimageserve%2F41571992%2F960x0.jpg%3Ffit%3Dscale

日本語は当然出てこないが、英語で調べても同じだ。

中国語で調べないとダメなのだろう。

もうそうゆう時代なのだ。

 

ソフトバンクグループ良い波乗ってるね〜♩

どうも、良い波乗ってるカヤバです。

2018年 ソフトバンクグループの1Q決算の動画 みました。

やっぱSBの決算動画はモチベ上がりますね!

毎回我に返らせてくれる、エネルギーの源ですw

 

f:id:kayaba_akihiko:20180812192943p:plain

 

今回特筆すべきは、SVF(Softbank Vision Fund)事業がすでに国内通信事業と同等額の利益をが生み出しているということでしょう。

素人の僕には分からないことだらけだったので、軽く勉強しました。

 ------------------------------------------------------------------------------------------

・そもそもソフトバンクグループ連結のP/Lに、SVF分も含まれるんだっけ?

・連結決算でSVFを組み入れるってことは、ファンドに紐づく連結対象の会社があるのかな?

・SVFって利益出てるの?投資先がエグジットする時に株を売らないと、利益って出ないんじゃないっけ?資料には評価益って書いてあるけどこれはなんだ?キャピタルゲインのことか?上場しないとゲットできなくない?SVFの投資先ってまだほとんどが未上場のユニコーンでは?

・仮にキャピタルゲインだとして、それって営業利益に含まれるんだっけ?営業外じゃないんだ?

・SVFの投資で得られたリターンってサウジとかの出資者に分配されるのでは?ここでいう利益はどの部分をさす?

------------------------------------------------------------------------------------------

過去の違う資料を発見したぞ!

f:id:kayaba_akihiko:20180812201914p:plain

SVF営業利益は、投資損益と営業費用で構成されているようだ。

投資損益のところに、①投資の売却による実現損益と、②投資の未実現評価損益

との記載がある。①が僕が思っていた株を売った時に得られるキャピタルゲインのことだろう。決算資料に書いてあった「評価益」ってのは②のことだろう!

株はまだ売ってないけど、その時価でもし売ればこんだけの利益ですよという金額(含み益)のことか。あれ、実現してない利益なのに、PLに反映させないといけないの?

売買目的有価証券は時価の変動により利益を得ることを目的としているため、期末で時価評価し、評価差額は当期の損益としてP/Lに計上します。

 会計の決まりっぽい。。。まいっかw

そしてこの売買目的有価証券というのはやっぱり本来営業外収益になるはずらしいが、、、SVF分は営業利益に含まれているぞ?

→よく考えたらそりゃそうかw ファンドから見れば本業に当たるから、売上に含まれるのだろう。そうじゃないと全世界のVCらはみんな売上ゼロになっちゃうw

仮にメルカリが他企業の株を持ってたら、それから得られるリターンは売上ではなく営業外収益に含まれる的な?

評価益 = 時価 マイナス 投資額ってことは分かったけど、でもファンドだから軍資金出してるのはサウジ政府とかアップルとか他にも色々いるよね?SBGのPLに反映される評価益はどこからどこまでをさすんだ?

まず登場人物を改めて明確にしよう。ファンド特有の用語がたくさん・・・。

f:id:kayaba_akihiko:20180812223803p:plain

■リミテッド・パートナーシップ(ファンド)企業形態の一つ。最低1名のGPと、LPで組織される。

 →Softbank Vision Fund L.P. 

 ファンドって言ってるけど、一応企業だったのか!w

■ジェネラルパートナー(GP)

 →SVF GP (Jersey) Limited

■リミテッドパートナー(LP):投資に必要な軍資金出してくれる人ら

 →SBG(ソフトバンクグループ)、PIF、ムバダラ開発公社、AppleFoxconn、Qualcom、シャープ

(SBG 281億ドル、SBG以外の外部投資家636億ドル)

■運営会社

 →SB Investent Advisers UK (ここと上のGPが一緒に運営してる?)

■アドバイザリー会社

 →SB Investent Advisers US, SB Investent Advisers JP

  上のSB Investent Advisers UKに対してアドバイスする

 

決算結論からいうと、SVF全体の評価益から、ファンドの運営費とか、投資アドバイスしてくれたSBIA US/ SBIA JPへの報酬とかを差し引いた残りを、LPの各出資者で分配する。SBGに分配された分が、今回の決算に反映されている。

 

仮に、

・合計投資額 1,000億ドルで、

・内訳:SBG 300億ドル、PIF(サウジ) 700億ドルで、

・1,000億ドル分の株が期末に2,200億ドルだと評価されたら、

差分の1,200億がSBFの売上になる。ファンド運用費とか、アドバイザリー会社に払う費用が仮に合計200億だとしたら、営業利益は差し引き1,000億円。

これを、各LPの出資比率(3:7)で按分して、

 SBG:300億ドル、PIF(サウジ):700億ドル。

 →300億PLに貢献する。

 

そういえば、そもそもこのSVF(SVF Limited Partnership)を連結対象にするのか?

 →これは多分決めの問題で、多分監査とかにそれなりの説明がつけば良いのかな?

資料には、投資委員会はSBG関係者で占められるため、SBGの意思決定がSVFの投資の成果を左右するからみたいに書かれている。

 

最後に

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sbn_02/20171114/20171114205012.jpg

要は、こいつらの業績が順調で、バリュエーションが上がれば上がるほど、

SBGの連結決算ではPL上評価益として利益に貢献していくんだねぇ。。

孫さんSUGEEEEE 

大物女優を落としたIT社長たちをまとめてみたよ!

SHOWROOM社長 :前田裕二

http://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/25/EGIXA1Q-1200.jpg

 「努力した人が報われる世界を作る」

 前田さんの努力も最大限に報われたようです。

 

全国の小学生に告ぐ。

Youtuber目指してる場合じゃないぞ。。。

IT起業家になれ!

 

実際日本以外の世界のIT起業家はどのくらいモテるのか??

気になりますよね?

それでは早速、IT起業家たちの結婚・お付き合い遍歴を見ていこう。

 

Snapchat社長:エヴァン・スピーゲル 

https://namakemonoyoshi.com/wp-content/uploads/2016/05/Miranda-Kerr-0_1511201.jpg

 ミランダ・カー

やっぱり世界の起業家は、結婚相手も世界レベルだ。

前旦那オーランド・ブルームとの写真を全て消し去ってくれる、そんな画期的な男に惹かれたに違いない。

 ----------------------------------------------------------

Tesla Motors / Space X社長:イーロン・マスク

http://cdn-img.instyle.com/sites/default/files/styles/320x384/public/images/2017/08/080717-amber-heard-elon-musk-breakup.jpg?itok=8l8iIXK6

ハリウッド女優:アンバー・ハード

火星への移住を企んでるそんな大胆すぎる男に、惚れないわけがない。

アンバー・ハードジョニー・デップの元奥さんで、イーロンマスクの元カノです。

https://imagesvc.timeincapp.com/v3/mm/image?url=https%3A%2F%2Fewedit.files.wordpress.com%2F2017%2F03%2Fww102_jj_071715_005161.jpg%3Fw%3D2000&w=700&q=85

イギリスの女優 :タルラ・ライリー

イーロン・マスクの2人目の奥さんです。

Serial Entrepreneur(連続起業家)として名をはせ、今も複数企業を経営する彼は、

プライベートの方もやはりシリアルアントレプレナーだった。

 

------------------------------------------------------------

UBER創業者:トラヴィス・カルニャック

https://oslofreedomforum.com/uploads/listings/_splash/Gabi_Holzwarth_web.jpg

 著名ヴァイオリニスト:Gabi Holzwarth 

交通、ひいては経済のあり方そのものに革命を起こし、

世界の移動手段を牛耳る会社を作り上げた男。

初デートも段取りよくUberを配車したに違いない。

 -----------------------------------------------------------------------------

Netscape創業者:ジム・クラーク

https://image.way2enjoy.com/misc/lazyg/kristy_hinze/people/kristy_hinze_instyle_april_2010_HbWtyfS.sized.jpg

オーストラリアのスーパーモデル:クリスティ・ヒンズ

インターネットを夜明けへと導いた男に言い寄られたら、そりゃ快諾するわ。

 ----------------------------------------------------------------------------------------

Napster創業者:ショーン・パーカー 

f:id:kayaba_akihiko:20180510015922j:plain

ミュージシャン:アレクサンドラ・レナズ

Spotify, LINE MUSIC, アップルミュージック、その全ての原点を作り、

音楽業界に革命を起こした異端児に告白されたら、No Music No Lifeな女子はもちろんOK。

 ---------------------------------------------------------------------------

Oracle創業者:ラリー・エリソン

http://iv1.lisimg.com/image/14630927/602full-nikita-kahn.jpg

女優・モデル:ニキータ・カーン

お美しい。次。

-------------------------------------------------

Yahoo副社長:アダム・カハン 

https://i0.wp.com/4.bp.blogspot.com/-h07CvkD8ViY/T61-x4JgJvI/AAAAAAAAANQ/5AHbRIEjOKU/s1600/anne_vyalitsyna_38483-1600x1200.jpg?resize=1000%2C750

ロシアのスーパーモデル:アン・ヴィアリツィナ

ヤフーはオワコンでも、俺の奥さんは終わらないぞ。

次。

 -------------------------------------------

CollegeHumor創業者 ヴァン・ヴィーン 

https://pmctvline2.files.wordpress.com/2017/08/allison-williams-benedict-cumberbatch-melrose-cast.jpg?w=620&h=440&crop=1

 アメリカの女優/ミュージシャン:アリソン・ウィリアムズ

お美しい。次。(疲れてきた)

 ------------------------------------------------------

 Medallia幹部:ウィリアム・ナイト

http://mk32kaigaidrama.com/wp-content/uploads/2017/03/%E5%87%BA%E5%85%B8%EF%BC%9Av3wall.com1_-530x398.jpg

ハーマイオニー 

最強の魔法使いハリー・ポッターですら落とせなかったハーマイオニーも、IT起業家の手にかかれば楽勝だ!

 -----------------------------------------------------------

というわけで一通り見てきたわけだけど、

 

やっぱ世界すごいな。。。

日本男児はどうか?

-----------------------------------------------------------

 

ZOZOTOWN社長:前澤友作 

http://xn--zck8ci9591bzonbkq1xt.com/wp-content/uploads/2015/07/gourikiayame-45-ahd.jpg

剛力彩芽

私のためにマリンスタジアム貸し切って、真ん中でZOZOSUITS着て踊ってくれるんですか?

https://images.4meee.com/files/article/782686/middle_782686_0.jpg

サエコ

前澤さんは剛力彩芽の前はサエコとお付き合いしていた。

身長196cm、年棒10億円超え、球速160キロを叩き出すダルビッシュよりも、IT起業家一択🖤

 

 ----------------------------------

サイバーエージェント社長:藤田晋

https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_sigg7WXeGjx.l3ukZQtDmbswaw---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-11146438201

昭和のトップアイドル?:奥菜恵

やっぱりキラキラ会社の社長が選んだ相手はキラキラしている。

赤字覚悟でAbema TVに200億突っ込むその男気に惚れたに違いない。

 

 ---------------------------

ライブドア元社長:堀江貴文ホリエモン

https://cdn.hk01.com/di/media/images/1011480/org/8c42dc29fc03dda086fd066458cdc5cd.jpg/QwwQmgD1lTUL6FVD_IqubiyDCv2xees9AoOYlAKDmJQ?v=w1920r16_9

大島薫(男)。

IT起業家にはルールなど存在しない。

 ------------------------------------------------------------------------

 

この辺でやめておきましょうか。

 

さて、みなさん、そろそろお気づきだろうか?

 

IT起業家、最強すぎじゃね???(笑)

 

サッカー選手よりすごいぞ。 

 

さあ、このスタートアップ戦国時代に、次に大物芸能人と付き合う新鋭IT起業家は一体誰だ?

 

http://geitopi.com/wp-content/uploads/2017062403-6.jpg

 

タップス佐藤航陽か?やっぱりお金(2.0)の力で口説き落とすのか?

 

それともDelyの堀江裕介か?レシピで培った手作り弁当で落とすのか?

 

DMMの片桐孝憲か?新婚旅行アフリカ行きチケットで落とすのか?

 

いや、やっぱりここは、昨日上場が決まり、

飛ぶ鳥を落とす勢いのいま最もイケているアツいスタートアップ、

メルカリの山田進太郎か?!

 

「中古の指輪買っといたよ〜!あ、俺のチャリの後ろ乗って行きなっ」

 

なんて言えばイチコロに決まってる。ずるいよ。

  

いやいや、次のThe Next Big 芸能人と付き合うのは、これを読んでいる君かもしれない。

必要なのはアイデアとパソコン、そしてガッキーと付き合いたいという情熱だけだ。

願いが叶った暁には、ついでに世界も変えちゃおう。

 

最後に、本書が皆さんにとって、スタートアップや起業に興味を持ってくれることへの一助となれば、筆者にとってこれに勝る喜びはありません。

 

(終わり)

 ※既婚や既にお付き合いしている方がいたら大変失礼しました。