kayaba_akihiko’s VR ARブログ

インターネットやスタートアップやテクノロジーなど

関口舞さん ①Lip Inc.の『Lemon』

去年IT系の情報サイトのTechcrunch見てたら、とあるサービスのリリース記事が目に留まりました。人工知能の審査をクリアしないと参加できない、エリートSNSのLemonっていうサービスです。

人工知能で入会審査する大学生限定SNS「Lemon」、ハイレベルな交流サロンは生まれるか? | TechCrunch Japan (たぶんこの記事だったかな?)

人工知能審査うんぬんはわりとどうでもよく、おっ!って思ったのが、

「社交サロンのようなコンセプトで、たくさんの交流、新しいつながりが生まれることを期待しています」、「就職活動について、学校生活についてなど、普段と違うコミュニティーだからこそ得られる情報があります」

などの文句です。

最初は意識高い系の人に特化してるみたいですが、広がっていけば、インターネット上で新たな知らない人との交流、共通の趣味の人を見つけられたりするプラットフォームになりうる!(匿名ではないですが)と思い、すかさず登録してみました。自己紹介や経歴はなるべく意識高い系に見せ、審査余裕でクリアっしょって高をくくっていました。受かったらメールがくるみたいですが、なんとメールが来ませんでした、落選(笑)

 

Lemonの存在も半ば忘れてしまっていた半年後くらいに、兄から突然、「お前と似たようなこと考えてる人がいるぞ」と言われ、とあるブログを紹介されました。「お前みたいに2ちゃんに興味があってうんぬん、」(兄の中ではなぜか僕は相当な2ちゃんねらーとして映ってたみたいですw 高校時代のももクロの時だけなんですが)。どうやらLip Inc っていう会社を経営している関口舞さんという方でした。

インターネットで新しい人に出会うことについて。- 島根の女子高生が京都の女子大生になって、私に会いにきてくれた。 | 関口舞ブログ

確かこの記事だったと思います。(他のインタビュー記事だったかも)それなそれな!!って思いながら読み進めていきました(笑)すると最後のほうに、

 この、当時強く実現したかった、夢見ていたことを形にしたのが、今運営しているサービスである「Lemon」。

おお!!!!俺様を落としやがったあのLEMONか!!!www(冗談です)

そのさらに半年後、実は、「インターネット上で議論したりだべる場」のサービスについてもう1回考え出した先日、参考にするために、もう1度Lemonの審査に挑戦しようと思ったら、どうやら前に登録した情報が残っててそのままめでたく利用開始できました。(審査のクダリがあったのかもよく分からない・・・)意識高い人間の仲間入り\(^o^)/

 

さらにこの関口舞さん率いる(社長は別人みたいですが)Lip Incって会社は後に『Nine』っていう超絶なるサービスをリリースすることになるんですけど、これについても後日書きたいですね。